スマホのおかげで外でもオンラインゲーム

リアルタイムでチャットや対戦が楽しめるオンラインゲームは、世代や性別を問わず世界中で人気があります。

オンラインゲームのジャンルはMMRPGやスポーツ、格闘、テーブルゲームなどがあります。

これまではパソコンからのプレイが中心でしたが、スマートフォンが急速に普及したことによって利用者の幅がグッと広がり、オンラインゲームのユーザーも増加傾向にあります。

パソコンを持ち歩いて外出先でプレイをするのは非常に困難ですが、スマートフォンならサイズも小さく外出時にも簡単に持ち歩けます。

移動中に歩きながら、電車の車内で、駅のホームで、様々な場所からオンラインゲームのプレイが可能なのです。

オンラインゲームと通信量

しかし、スマートフォンからオンラインゲームに参加する場合、気になるのが通信量です。

スマートフォンが急速に普及したことで、電波通信量の確保が問題視されています。

ガラパゴス携帯と比較すると、スマートフォンは格段にデータ通信量が多くなりました。

そんな代物を大勢の人が所持して使用するとなると、どうしても時間帯や曜日によってアクセスが集中してしまうこともあり、そうなった場合繋がりにくくなる事態は避けることができません。

特にオンラインゲームはデータ量が多いので、読み込みに時間がかかって進まなかったり、一時的にエラーが発生してゲームがストップし、回復したころには自分のキャラクターが死んでしまい、ゲームオーバーになってしまった、という事態も考えられます。

無制限にできるわけではない

onlinegame

現在、電波通信料の確保のために、各携帯キャリアでは、データ通信量が一定の制限値を超えると、通信速度を大幅に制限したり、別途料金が発生するなどのプランを設けて対策をしています。

この料金プランで問題となる通信量には、Wi-Fiは含まれませんが、携帯ネットワークでの通信はカウントされてしまいます。

つまりWi-Fi環境でオンラインゲームをするのは問題ありませんが、家にWi-Fiがない人や、外出先でWi-Fiがなかった場合どんどん通信料は加算されていくということです。

オンラインゲーム自体は、動画視聴などに比べると通信料はそれほど大きくないため、すぐに規制がかかることはありませんが、何時間も続けてプレイをしたり、短期間に集中的にWi-Fiのない環境でプレイを続ければ、いつか規制がかかってしまうかもしれません。

通信料は、携帯電話の設定から確認することができるので、外出先などのWi-Fi環境がない場所では使いすぎないようにこまめに確認しながら制限のかからない範囲でプレイするのがよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ