グーグルマップは便利ですが・・・

現在ではスマートフォンなどでさまざまなサービスが利用できるようになりましたが、中でも特に多くの人が利用しているのが「グーグルマップ」というサービスです。

最近ではandroid搭載のスマートフォンにプリインストールされていることが多く、無意識に利用しているということも少なくないでしょう。

ですが旅行先などで一時的にモバイルWi-Fiなどでグーグルマップを利用したいというような場合には、通信量を意識することが必要です。

事前に規定された通信量を超えた利用を行ってしまうと回線速度に制限がかけられてしまったり、サービス会社によってはWi-Fiの利用を一時停止されたりするようになってしまいます。

グーグルマップの通信量は一概に言えない

ではグーグルマップ一回あたりの通信量はどれくらいなのかというと、これに関しては利用を行った場所によって必要な通信量が変わってきます

たとえば日本の東京のように建造物が密集してしまっているような場所で利用すると、400KB~500KBの通信が発生します。

対して田舎の国道などのほとんど建造物が存在していないような場所で利用すると、50KB~200KB程度の通信で完了することもあるのです。

加えて地図データなどは定期的に更新されていますから、一度利用した場所であっても次回以降の通信量が減少しないケースもあります。

こうした事情があることから「グーグルマップ一回の通信量はこれくらいだ」というような目安を出すことが難しいのです。

通信量をセーブするには

また一度表示をしてしまえば通信は発生しないのかといわれればそうでもなく、カーナビなどの代用品としてグーグルマップを利用するというような場合は、定期的に現在地に関する情報を更新していかなくてはなりません。

これはカーナビに限らず徒歩で移動する場合にも同様のことが言えますが、もし通信できる量の制限が厳しいというような状況になってしまっているのであれば、ホテルやカフェなどのWi-Fi回線を利用するなどの対策が必要になることでしょう。

グーグルマップのみの利用で通信量制限に達するというようなことはあまり発生するようなことはありませんが、移動中にyoutubeなどの動画投稿サイトを利用していたり、頻繁にSNSに写真をアップロードするなどの利用をしていたのであれば、制限に達してしまう可能性も高くなってきてしまいます

もしグーグルマップを頻繁に利用することとなったのであれば、なるべくこまめに現在の通信量を確認するように心がけましょう。

人気急上昇、通信制限のないWimax。詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ