扱うファイルの容量が大きくなってきた

今の時代は、パソコンやスマートフォンなどの端末を使って、様々なコンテンツをダウンロードして楽しめるようになり、高速通信のおかげで、ゲームに加えて品質の高い映像や音声を楽しめるようになりました。

ダウンロードして楽しめるコンテンツは、主にゲームや動画・画像・音楽関連など数多く、それらのファイルの容量が大きいほど、基本的に通信量も増加します

通信制限に注意

動画及び音楽ダウンロードを頻繁に行う場合は、通信パケット数による通信量規制やプロバイダ側の帯域規制などに注意が必要と言われており、大容量のファイルやコンテンツをダウンロードしすぎて通信速度自体に制限が加えられてしまうことも起こっています。

これらの制限を受けてしまうと、通信全般の速度が低下してしまい、最悪の場合はWebサイトを閲覧するだけでもかなりストレスを感じるほど、動作に支障をきたす恐れがあります。

自宅用のインターネット回線業者では、規制を実施するプロバイダがほとんどない事から、パソコンで自宅のインターネットを使って音楽ダウンロードや動画の再生を行う場合はあまり気にする必要はありませんが、特にモバイル端末で映像・音楽ダウンロードをする人は、意識しておかないと規制対象になってしまう可能性が高くなります。

携帯電話会社や規制を実施しているプロバイダの一部では、これらの対象となる利用状況の目安を公表しているところもありますが、あくまでもこれらの情報は目安であって、ファイル本体の容量によって実際の通信量が大きく変わってくる点に要注意です。

有料ダウンロードの音楽・動画ファイルは容量が大きい

基本知識として、劣化が少ない高品質な映像及び音声ファイルほど、同じコンテンツ内容でも本体の容量が増えてしまう特性を持っていて、有料ダウンロードのコンテンツを用いる場合は品質の高いファイルとして提供されるケースが多いので、通信量による規制をうまく回避する事が重要となってきます。

まず、自宅でフレッツ光やauひかり等の固定回線をひいている場合は、極力ダウンロードは自宅で行い、スマートフォンのLTE回線は使わないようにすることが効果的です。

また、購入者個人で限定して楽しむ場合において著作権の面で問題が生じない動画や音楽コンテンツであれば、パソコンで予め購入手続きとダウンロードを行っておき、必要に応じてモバイル端末側へコピーして楽しむ方法も選択肢となってきます。

それでもやはり外出先で自由にダウンロードしたいという方は、モバイル回線をWimaxにすると良いです。Wimaxには通信制限がありません。

人気急上昇、通信制限のないWimax。詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ