通信制限はこれで解決!スマホ・iphoneの通信速度制限対策

突然「Sub:通信量が〇月〇日に7GBを超えました。月末まで通信速度が制限されます」というメッセージを受け取って、 泡食ったという方が多いので、

  • 焦らなくても大丈夫であること
  • 今後通信制限を心配しなくてもよい方法
をお伝えしようと、このサイトを立ち上げました。 お役にたてれば幸いです。

そもそも通信制限とは!?

通信速度制限

スマホやiphoneで、通話以外のこと、例えばLINE、Facebook、Twitterをやったり、Youtubeをみたりする場合、LTEというモバイル回線を使っています。
このLTEには、月間7GB(*)を超えると、回線の混雑を避けることや公平性を保つことを目的に、極端に速度が遅くなる通信速度制限があります。

(*docomo「カケホーダイ&パケあえる」・au「カケホとデジラ」・softbank「スマ放題」は契約した容量、それ以前の料金プランは7GB)

どれくらい使うと通信制限にひっかかる?

従来から多くのLTE回線において通信制限がかかる容量とである7GBを例にとって見てみましょう。

  • Youtubeなどの動画を頻繁に見る
  • 動画は高画質(HDやHQ)で見ることも多い
  • スカイプのビデオ通話を頻繁に利用する
  • テザリングをよく利用する
こういった、データの容量が大きいものを頻繁にやると、あっという間に7GBを超えます。
一方、LINEやFacebook、Twitter、Webサイトの閲覧であれば、7GBを超えることはまずありません。

7GBの目安はこちらを参照してください。

通信制限対策

通信制限にひっかからないためには、どうすればよいでしょうか?

  1. 高画質動画の鑑賞は、自宅のフレッツ光等の固定回線を利用する
  2. 外でデータ容量が大きいものをやる場合は、公衆無線LANのある場所で行う

こういった対策を行えば、まず7GBに達する心配はありません。
しかし、現実問題、公衆無線LANのある場所を探すだけでも一苦労ですし、そもそもせっかくのスマホの利便性が損なわれますよね。
そこでオススメなのがWimaxです。

Wimax

Wimaxとは

スマホやPC、タブレットでインターネットを楽しめるモバイル回線サービスです。
端末さえあれば、どこでも好きな場所でインターネットを楽しめる点ではLTEと同じですが、LTEと違って通信制限がないことが最大の特徴です。

Wimaxのメリット

  • 通信制限がない
  • Wimax端末さえあれば、スマホ、PC、タブレット等のWi-Fi機器全てでインターネットが使える
  • 家でも外でも好きな場所でインターネットにつながる

気になる料金はこちら↓

Wimaxの料金

月額最安プラン
初期費用無料プラン
月額費用
2,856円
3,695円
契約事務手数料
3,000円
3,000円
端末代
無料
無料
初期費用
18,857円
0円

通信費がこんなに節約できます↓

Wimaxで通信費を節約

あなたが一人暮らしで家では光回線を使っているなら・・・

光回線を解約して、家でも外でもWimax一本にまとめれば、通信費を安く抑えられます。

(例)フレッツ光マンションタイプミニ(プロバイダー料込)4,320円 - Wimax2,856円 = 1,464円の節約

スマホのパケット定額分も節約できます

Wimaxを契約するかわりに、スマホのパケット定額部分を解約すれば、差額分が安くなります。

(例)スマホパケット定額5,700円 - Wimax2,856円 = 2,844円の節約

arrow1Wimaxの詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ